仮骨性外反母趾 治し方

仮骨性外反母趾はどうやって治せばいいの?

スポンサーリンク

外反母趾にはいろいろ種類があるですが、今回は「仮骨性外反母趾」この「かこつせいがいはんぼし」の治療方法について説明をしていきたいと思います。
この仮骨性外反母趾というのは、親指の付け根部分、関節の部分になるのですが、この部分が外側にポコっと飛び出た状態の外反母趾になります。
このようになると、痛みが発生するのはもちろん、広幅の足になってしまって、靴を履くこと自体ができなくなってしまいます。
また症状が悪化すると、骨自体も変形してしまい、手術を行う事が前提になってきてしまいます。
ではどのようにしてこのような症状を緩和、完治させていくのでしょうか。
整形外科などで、外反母趾の治療を行うことになるのですが、病院によっては、痛み止めを処方されて終わりということもありますので、このような経験があるかたは是非下記をためしてみてください。
まずは、足の負担を軽減すると言うことが大事です。
この症状自体が、歩行が原因であるため、長時間の歩行、立ち作業を減らすということがだいじになります。
しかし、お勤めややることがある方には困難かもしれません。

スポンサーリンク

このような方の場合には、サポーター、サポーター靴下というものがオススメです。
しかし、サポーターを使用した場合には厚手の物があるので、逆に靴を履いた際に、窮屈になり痛みを悪化させることがあるので注意が必要です。
どちらかというと、外反母趾用のサポーター靴下であれば、薄手で比較的靴も履きやすいので、考慮してみてください。
また、患部を氷水で冷やす、これにより痛みが軽減します。
次がじゅうようなのですが、テーピングを行う。足をしっかり、固定することと、テーピング次第ではサポーター同様に足の負担を軽減するために、とても重要です。
また接骨院などでは、テーピングについて指南してくれるので、一度ご相談を行うようにしてください。
また接骨院ではマッサージも行いますので、こちらも効果が高いです。
マッサージ、テーピングなどはご自信でも出来ることなので、治療として学んでみるようにしてください。

スポンサーリンク