外反母趾 痛い マッサージ

簡単!自分で出来る外反母趾マッサージ!!

スポンサーリンク

外反母趾を治療する上、並行して行いたいのがマッサージです。
マッサージを日頃の習慣にすることで痛みが徐々に和らいでいきます。
また症状の改善にも効果があり、有効な手段として使うことが出来ます。
外反母趾は症状が悪化すると、骨の形が変形していしまい、普通に歩くということが不可能になってしまいます。
また、変形をしてしまった足の治療に関しても手術を行うという事以外の選択がない状態になります。
この予防のためにも、外反母趾は症状がひどくなる前に治療をする必要があります。
なものではないのです。
外反母趾にはいくつか種類があり、親指が、小指側にアーチを描くように曲がっていく症状があります。
こちらは特に外反母趾として症状のおおいものです。
当然親指が内側に曲がってくるので痛みが発生します。
またこの痛みというのも激痛に変わってきます。
仮骨性の外反母趾と言うものもあります。
これは歩き方がに問題がある事がほとんどなのですが、歩き方のやり方により、足の付け根に体重、衝撃を与えるような歩き方により発症することがおおいのですが、この足に掛かる、衝撃、負担を和らげようと、負担のかかっている部分に新たに骨が出来たり、分厚くなります。

スポンサーリンク

これによって足が変形、痛みがでます。
この仮骨性は親指が曲がることで発生することもあります。
この場合には、親指の痛みを避けるために、歩き方が変わってしまい、負担のかかった部分に新たな骨や骨が分厚くなると言うものです。
これらに効果的なマッサージととして、自分で行えるものとしては、

1. 指の先を手の指でつまむようにマッサージします。
2. 次に足の指の付け根を手で包み込み、上下につかみます。(この際、痛みが発生する事があるので力は痛みに合わせてください)
3. 土踏まずの部分から、足の指先に向けて搾り出すように上下にもんでいきます。

これを1日5分行うようにすると、症状が徐々に改善します。
もちろん大元の原因治療が一番大切でありますが、自分で行える治療方法としておこなってみてください。
あまり痛みがひどい場合、骨の変形がひどい場合にはマッサージは控えるようにしてください。

スポンサーリンク