外反母趾 テーピング 効果

外反母趾にテーピングの効果はあるの?

スポンサーリンク

外反母趾というのは、一度症状が現れると、完全に治さないと生活に多くの支障を起こす病気です。
また、症状があまりにも重度の場合ですと、骨の形変形してしまうことがありますので、早期の治療が大事になってきます。
外反母趾の治療の上で重要になってくるのがテーピングです。
たとえ外反母趾であっても、生活を送る以上は足を使用して歩く必要があります。
そういったことの中でテーピングと言うのが大きな効果を表します。
ではテーピングを使用することでなぜ効果があるのでしょうか?
外反母趾というのは親指がだんだんと小指側に曲がっていく病気です。
しかし、外反母趾というのは親指が曲がるだけの病気ではありません。
外反母趾というのは、指が曲がることで、足に激痛を招きます。
人間というのは痛みに対して拒絶反応をお越します。

スポンサーリンク

そうすると、親指の痛みを起こさないようにするために、他の指や足の小指側に重心がかかるような歩き方に変わってきます。
この歩き方が変わってしまうのがまた問題をおこすのですが、ほかの部分で体の重量を補うことで、その補って負担のかかった足の裏にも痛みや変形が今度は表れるというものです。
痛みを避けたつもりが今度は違う部分に痛みが発生するということで負のスパイラルに陥ってしまいます。
そこでテーピング療法が重要になるのですが、親指に痛みが発生した際に、この親指をテーピングでカバーすることで、クッションとしての役割になり痛みを軽減するということです。
これにより、歩き方や足裏のほかの部分で体重を支える役割を補わなくても済むことになります。また病院によってテーピングの他にサポーター等を使用して痛みの軽減を行います。
ここで安心してはいけないのですが、あくまでテーピングは治療の補助であり、大元の外反母趾になった原因を正さないとテーピングのみでは完全に治すというのは症状によっては難しいです。
そのため、テーピングのほか、正しい歩き方などを学ぶ必要があります。

スポンサーリンク