外反母趾 湿布

外反母趾にはどのような湿布がいいの?

スポンサーリンク

外反母趾というのは非常に強い痛みを起こす病気です。
そのため、ひどい場合ですと歩くだけ、立っているだけでも激痛が走ります。
人間このような症状が出るということは、当然対策を行いますよね?
そこで重要なのが、湿布です。
たいていの場合に痛みがある場合にはシップをしようしますよね?
では外反母趾では温湿布冷湿布どちらがいいのでしょうか?
まず回答を説明すると、患部を冷やす、冷湿布がいいです。
温湿布や患部を温めると言うことを行うと、血行がよくなってしまうので、逆に痛みを増幅させてしまう可能性があります。
ですので、お風呂に入る際は極力は長風呂は控えてください。
また、お風呂から出たら、外反母趾の部分は冷やすと風呂上がりの痛みが減少します。
確かにシップというのは効果がありますが、実際のところは患部を冷やすという作用は大きくありません。
どちらかと言うと鎮痛作用の成分の影響の方がつよいかもしれません。

スポンサーリンク

そのため、実際冷やすのであれば、氷水を使用する、またはドラッグストアで販売されているアイシングのグッズを使用したほうが、直接、外反母趾を冷やすので効果が高く期待出来ます。
しかし、湿布や冷やすという対策をいつまでも行い続ける訳にはいきませんよね?
なぜなら、あくまで外反母趾の痛みを減少させるための事しかしていないからです!!
そのため、外反母趾の直接の原因を根本から治す必要があります。
これはほかの記事を参考にしていただくとして、湿布の他に自分やご家族で行える対策としては、テーピングがあります。
どちらかというと、このテーピングに関して重点を置いていただいた方がよろしいかと思います。
外反母趾というのは、痛みがあるため、その部分をカバーするようにおかしな歩き方になります。
こうすることで、他の部分にも痛みを起こすと言うことがあります。これを防ぐためにもテーピングが重要になってきますので、一度、整骨院や接骨院などで正しいテーピングを直に教わったほうがいいかと思います。
根本の原因を治すことで次第に外反母趾は回復しますので是非取り組んでみてください。

スポンサーリンク