外反母趾 痛み 場所

外反母趾の痛みの場所である足の付け根が痛みだしたら要注意です

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指が小指の方に変形し、くの字の状態になることです。
痛みの場所は親指の付け根です。親指の付け根が痛い時はちょうど変形が進行しようとしている状態です。
その時はすぐにテーピングで足裏のバランスを整えることが大切です。
対処が早いほど痛みも早く取れ、変形も最小限に抑えることができます。
人によっては痛みの後1〜2ヶ月で急に骨が出っ張ってきたり曲がったりします。
また痛みが軽くて慢性的な場合でも、我慢して放っておくと親指の付け根の骨が出っ張ったり、親指が曲がったりしますが、痛みは自然となくなっていきます。しかし変形は一生残ってしまい、また足だけでなく膝や首、腰など体の上部にも影響をおよぼしてしまいます。
外反母趾の大きな原因は足に合わない靴をはいていることです。またハイヒールをはくと足底にかかる体重はつま先に集中します。
そのため足は開帳足になりますがハイヒールの先は細くなっているため、くの字に曲げられてしまうのです。
また現代では1日で靴をはく時間が長く、裸足で歩く時間が減少しています。
そして乗り物を利用することが増え自分の足で歩く機会も減少しているので、足の筋力が低下しています。
アーチの消失した扁平足や横幅の広い開帳足も増えています。こういったことが外反母趾を起こしやすくしている要因の一つです。

スポンサーリンク

外反母趾の発生頻度は女性が圧倒的に多いです。これは女性が男性よりも関節が柔らかいことや、筋力が低いためです。また先天的に扁平足だったり、母趾が第2趾よりも長いタイプの足だったり、母趾の付け根の関節が丸い形をした人は外反母趾になりやすい足の形態と考えられています。
最近では乳幼児のころからはく靴などもあり、足の筋骨格形成において最も重要な時期に悪影響を与えている可能性もあります。
乳幼児のころに裸足で歩かせたり、鼻緒のある下駄やサンダルで歩かせることが足の筋骨格形成には大切なことです。
予防するには足に優しい靴を選ぶことが重要です。
ハイヒールのようなかかとが高く先が細い靴をあまりはかないようにすることや、普段はく靴も縦横のサイズの合った靴を選ぶことが大切です。
また裸足で歩くことや、下駄やサンダルなどの鼻緒のついた履物をはくこと、タオルやゴム紐を使って足の筋力を鍛える運動をすることも効果的です。痛い時が曲がる時だということを知っておけば、それ以上悪化させないで最小限に食い止めることができるので、体のサインを見逃さずしっかりと対処することが大切です。

スポンサーリンク