外反母趾 痛み 突然

外反母趾の突然の痛み

スポンサーリンク

外反母趾は足の親指が身体の外側に反る症状のことで、親指の関節が曲がることで、不自然な形状になってしまいます。
ちなみに女性の方が男性よりもなる確率が高く、患者数も圧倒的に女性のが多い傾向があります。
これは女性の方が関節が柔らかいためで、靴の圧力に弱くて変形しやすいためです。とくに先の細いハイヒールは、外反母趾に拍車をかける靴と言えます。
もっともハイヒールを履き続けていても、別段痛みもなく問題ないケースもあります。
とくに若い女性では、おしゃれを優先して足への負担などあまり考えないこともあるようです。
しかし外反母趾は進行する病気です。年齢を重ねるにつれて、症状はだんだん悪化していくのです。
現実に外反母趾で通院するようになるのは中年である年頃の女性が多く、若いころは大した痛みもなかったので放置していたのですが、50代頃になって突然足に激しい痛みを感じたことで、慌てて病院を受診するというケースが多いようです。

スポンサーリンク

ひどくなると手術か矯正器具、オーダーメイドの靴といった高額な処置方法しかないのが現状ですが、そうならないためにも、いろいろな対処法を試してみましょう。
まず運動不足や体重増加は問題です。運動不足は筋力の衰えや体重増加にも加担しますし、万病の元とも言えます。体重増加は増加した分だけ、足に負担がかかることを忘れないようにしましょう。
またセルフチェックとして、見た目で親指が人差し指側に曲がっているかどうかを確認したり、親指の付け根あたりが靴にぶつかり、痛みを感じるかどうかを判断しましょう。
もしこれらに該当しているならば、対処法を実施する必要があります。
おもな対処方法としては、インソールを利用するという方法です。またストレッチをすることで、足の筋力を鍛えるという方法もあります。ストレッチまでいかなくても、足の指でタオルをつかんで引き寄せたり、ビー玉をつかむというだけでも効果があります。
あとはやはり自分の足に合った靴を履くことが、一番です。

スポンサーリンク