外反母趾 内反小趾 手術

外反母趾や内反小趾の手術について

スポンサーリンク

女性が良くなりやすい病気に外反母趾と内反小趾があり、この症状になるとなかなか治らないことが多いです。この病気は足の親指と小指が内側に曲がってくるもので、症状が重くなると歩くのが難しくなることもあります。
なぜこのような病気になるのかというと、ハイヒールなどの特殊な靴が原因で起こりやすいといわれます。
ああいうタイプの靴は足の先の方に重い負担をかけるので、それが原因でこの病気になります。
治療法としては足の形を整える靴を履いたり、少しずつ矯正をして治していく方法があります。
ただそれでも治療が難しい時は手術をすることもあり、そういう場合は大きな負担になります。
手術をすれば症状の緩和は可能ですが、この病気は人によってかなり状態が違います。
そのため外科的な治療をする場合に、どれを利用すればいいのか分かりづらい所があります。
ですからメスを使って治すときは、治し方について医師とよく相談しておかないと問題になりやすいです。

スポンサーリンク

外反母趾や内反小趾の症状は足の筋肉が弱ったり、変な歩き方をしていると発生します。そのため日常的な対応で対処することが多いですが、症状が重い時は手術をして治します。
その時はメスを使って問題のあるところを切りますけど、場合によっては大きな手間になることもあります。
この症状は骨や関節がおかしくなって起こるので、そういう所を切って治さなければいけません。
そのためかなり大規模な処置になることもあり、数日入院して対処することも多いです。
メスを使った治療を受けた後は、軽い症状ならばすぐに動ける場合もあります。
しかし大きな手術をした場合は数ヶ月ほど経過を見る必要があるので、完全に良くなるまでには時間がかかります。
またこのようなことをして治しても、時間がたてばまた同じように外反母趾や内反小趾が発生することがあります。ですから日頃からこの症状にならないように対処をすることが大事で、そういうことについても医師と話し合っておくことが重要です。

スポンサーリンク