足 外反母趾 痛い

外反母趾で痛い足を緩和させる方法

スポンサーリンク

外反母趾で足が痛いという人は、早急に整形外科などで診てもらうことをお勧めします。
早期発見による早期治療によって、痛みも緩和させることができるからです。程度も軽めに抑えることができれば、外科手術ということにもなりません。
しかし、痛みに気付いた時にはかなり悪化してきていることが一般的です。
場合によっては、足の親指の付け根あたりが腫れてしまうということもあります。
この時に、素人では外反母趾だということに気付けないこともあります。
単純に炎症を起こしていると思い、冷湿布を貼って痛みをごまかすということも少なくありません。
腫れている場合には、一時しのぎとして冷湿布を貼ることももちろんお勧めです。ただし、外反母趾そのものがこれだけで治るというわけではありません。
また、歩く時に特に痛みを感じることになります。
履き慣れている楽な靴を履くようにすることもお勧めです。
これだけでも随分と痛みを緩和させることができます。

スポンサーリンク

外反母趾で足が痛い時には、できるだけ安静に過ごすことが大事です。
それでも仕事などで歩かなくてはならないということもあります。そんな時には患部が靴とすれないような靴を履くようにします。クッション性の高い靴がお勧めです。
インソールで工夫したり、患部に柔らかなガーゼを巻いたりして、歩く時の衝撃をできるだけ抑えるようにします。これで、痛みをかなり緩和させることができます。
ただし、この方法もその場限りと言えることから、できるだけ近日中に適切な病院で診てもらうようにします。腫れている場合には炎症を抑える湿布や服用薬などを処方されることがあります。
痛み止めも有効的です。
特に、ズキズキとした痛みが出ている場合には、何をするにも集中できなくなってしまうことがあります。日常生活に支障をきたしてしまうことも多いため、痛み止めなどを処方してもらうことは効率的です。その後、外反母趾の状態によって手術を選択することもお勧めです。

スポンサーリンク