外反母趾 テーピング おすすめ

外反母趾の改善方法としておすすめのテーピング

スポンサーリンク

外反母趾とは、足の親指が付け根から、人指し指の方向に曲がってしまう変形のことであり、特に、女性に目立つ症状となります。そして、足が痛いだけではなく、身体の歪みを引き起こすことによって、ひざ痛や腰痛、肩こり、偏頭痛、自律神経失調症など、身体のあらゆる不調の原因となってしまいます。 
外反母趾の改善方法のひとつとして、テーピングという方法があります。テープを貼ることによって足指を開き、緩んでしまった中指の関節を締め、本来の正常な状態に近い矯正肢位を保持させることができます。テーピングは、矯正の程度を調整することができ、市販のサポーターや靴下よりも、より自分の足に合わせることができますのでおすすめします。
常にテープを貼っておけば、持続的な矯正効果を得ることができます。
仕事上、ヒールを履く必要がある人などには、テーピングの活用をおすすめします。
また、外反母趾の方は、偏平足になっている場合も少なくありません。
あわせて偏平足をサポートするテーピングも有益です。

スポンサーリンク

 つらい外反母趾の改善の基本は、靴の見直しとなります。外反母趾になると、これまで履いていた靴でも履くことができなくなったり、歩くことが苦痛になるなど、日常生活に支障をきたします。
親指の付け根の関節が「く」の字のように外側に飛び出し、飛び出した部分が靴にあたって赤く腫れたり、痛みをともなったりするからです。
症状がひどくなると、親指が2番目の指の下の潜り込んだり、それとは逆に、指の上に乗ってしまうこともあります。 前述しましたように、改善方法としては、
まず靴の見直しが基本となるのですが、この症状になる方の多くは、足指を使わないで歩く、いわゆる「ぺたぺた歩き」をしている傾向がありますので、靴の見直しとあわせて、歩き方を改善させる必要があります。
靴を変えたとしても、ペタペタ歩きをしていると、症状は進行してしまいます。 
何も対処しないで放置しておくと、症状は進む一方であり、治すには手術が必要になってしまいます。
自分の足にあった靴で正しい歩き方をし、テーピングやサポーターなどで矯正しながら、生活習慣を改善するということが重要となります。

スポンサーリンク