外反母趾 靴 保険適用

外反母趾の痛みや悪化を防ぐ健康保険適用の靴

スポンサーリンク

外反母趾とは、右足の場合は足の親指が右側に、左足の場合は左側に向いてしまう症状のことです。
それぞれ、隣にある人差し指などの他の指が圧迫されることになるので、足の踏ん張りがきかなくなってきます。また、指が不自然にすぼめられた状態になるので、それにより痛みが生じて、歩いたり立ち上がったりすることが困難になる場合もあります。
こういったことを防ぐためには、足の親指が変形しないように、気をつけて歩くことが大事です。特に、つま先を締め付けるようなきつい靴を履くことは、リスクが高いとされています。
逆に、ゆるすぎる靴を履くことも、隙間がある分変形が進みやすくなるとされています。
最も良いのは、現在の足の形にほどよくフィットしている靴を履くことです。フィットといっても、隙間なくピッタリと合うというわけではなく、適度なゆとりが必要です。
特につま先には、1センチ前後の隙間があると、足の指が締め付けられて痛みが生じることが防がれます。

スポンサーリンク

さらに、底の部分が硬めだと、安定した歩行をしやすくなります。
また、紐またはベルトがついているタイプのものだと、幅をある程度調節することができます。
外反母趾になると、足の指先のすぼみに合わせて、付け根が広がってしまいます。しかし幅を調節することで、広がりを抑えることができるのです。
つまり、悪化を防ぐことが可能になるということです。こういった靴は、足の形に合わせてオーダーメイドしてもらうことができます。
さらに、ショップにもよるのですが、健康保険適用になります。足の健康のために作ってもらうのですから、治療器具と同じ扱いになるわけです。
また、オーダーメイドには医師のアドバイスを反映してもらうことができます。
具体的にどのような形にすると、外反母趾による痛みや悪化を防ぐことができるか、医師なら的確なアドバイスをすることができるのです。
そして、オーダーメイドですから、もちろん自分の好みのデザインにしてもらうことも可能です。

スポンサーリンク