外反母趾 痛い 原因

痛い外反母趾の原因と対処法

スポンサーリンク

足の形を見てみると、意外と外反母趾になってしまっている方が多いです。
痛みがなければあまり気にならないかもしれませんが、痛みを伴うものはとても辛いです。
生まれたときは、きれいな形だったはずの足が、なぜ外反母趾になってしまうのでしょうか。
原因としてよく言われているのは、ヒールやパンプルなどの足を圧迫する靴を履いているためです。
しかし、そのような靴を履いていなくても、外反母趾になり、痛い思いをしている方もいます。
そのような方の原因というのが、足の筋肉の未発達と言われています。本来歩くときは、足の指で踏ん張って蹴りだすのですが、足指の付け根で歩いてしまっていると、足底筋郡が発達しなくなり、親指が曲がってしまうのです。
圧迫された靴を履いていない小学生にも、これが原因で親指が曲がってしまっている子もいるようです。
また、運動不足の場合も足の指で踏ん張ることが少なくなるため、筋肉が落ちてしまい、同じような症状になることもあります。

スポンサーリンク

こうなってしまった場合、どのような対処をすればよいのでしょうか。
まず手軽に始められるのがストレッチです。やり方としては、左右の親指にゴムバンドをひっかけ、両足を扇方に広げることです。
硬くなってしまった親指の関節や周りの筋肉をやわらかくし、矯正しやす状態にする効果があります。
また、テーピングも有効です。
テーピングで形を整えることにより、足裏全体のバランスを整えることができます。これによって、足の指を使って歩くことができるようになるので、足の機能が回復しやすくなります。また、足の指、足裏全体を使って歩くことや、立っているときの体重のかけ方も意識することが大事です。
今まで無意識でやってきた歩き方や立ち方を修正するのは、意識をするしかありません。
足裏全体を使って踏ん張れるようにしましょう。そして最後に、足に合った靴を選ぶことが大切です。
いくら足裏を意識したところで、足の指を圧迫するような靴を履いているのでは意味がありません。
靴を選ぶ時には、圧迫されていないか、足指を使って歩けるかを確認しましょう。

スポンサーリンク