外反母趾 痛い 歩けない

足が痛い、歩けないのは外反母趾のせいかも

スポンサーリンク

外反母趾の症状が悪化すると、痛いだけでなく歩けないようになる場合もあります。
外反母趾とは、足の付根にある深横中足靭帯が伸びたり縮んだりし、更に靴やサンダル等によって締め付けられて足の親指が曲がって変形した状態です。
親指は小指側に反ったように変形し、くの字のようになってしまいます。
ヒールやかかとの高い靴を長時間履き続ける事によってなるといわれており、また他にも原因があります。
特にヒールのある靴を履く女性に多い病気で、遺伝でなる場合もあります。
くの字になった足は、ヒールのない靴を履くだけで出っ張りと靴が擦れて痛みを感じることが多いようです。
また足のバランスや痛みなどで歩き方がおかしくなり、膝痛や腰痛などをはじめ偏頭痛や肩こりなどの症状がもたらされることもあります。
外反母趾にならないためには、まず長時間のヒールなどをやめます。
仕事上止む終えない時などは、普段はローヒールなどを心がけることが大切です。

スポンサーリンク

自分にあった靴を選ぶことも大切です。
大きすぎる、または小さすぎる靴を履いていると、歩き方が変になるだけでなく足に色々な悪影響があります。両足で大きさが違う人もいるため、自分にあった靴を見つけるにはオーダーメイドで靴を作れるお店や、自分の足に合ったものを選ぶことの出来るお店がおすすめです。
靴のデザインも大事ですが、コンフォートシューズと言われる履き心地が良く長時間でも歩くことの出来るものを履いているとより安全です。
またくの字に曲がるのにも段階があります。
ですから、少し出っ張ってきたと感じたなら、整形外科や整骨院などへ行き相談してみるのが良いです。
外反母趾に適した治療やマッサージなどがあり、どんどん曲がっていくのを止めたり発症速度を弱めたりすることも出来ます。またテーピングなどを施して、力を少しずつ加えて曲がっていくのに逆らう施術もあります。
最終的には手術という方法もある外反母趾は、治療が必要な症状なのです。

スポンサーリンク