外反母趾 骨 出っ張り

外反母趾による足の親指の骨の出っ張り

スポンサーリンク

通常は、足の親指の付け根は、ゆるやかなカーブを描いています。
しかし外反母趾になると、この付け根の部分の骨が出っ張り、ゆるやかなカーブではなく折れ曲がったようなラインになります。
この出っ張りの部分は、靴を履いた時にこすれやすいので、靴ずれなどが生じてしまいがちです。
また、骨が変形しているわけですから、足にうまく力が入らず、歩いたり走ったりする際に支障を来たすこともあります。さらには、歩行のしづらさから膝や腰などにも歪みが生じ、これらの部位に関節痛が生じることもあるのです。このように外反母趾は、足の親指だけでなく、他の部位にも悪影響をもたらす厄介なトラブルなのです。
そのため多くの人が、進行を抑えるための工夫をしたり、改善するための治療を受けたりしています。
進行を抑えるためには、まずは歩き方を変えることが大事とされています。足の指に十分に力を入れて歩いていなければ、その部分の筋肉が衰え、それにより骨が変形しやすくなるのです。

スポンサーリンク

具体的には、サイズの合わない靴やつま先の細すぎる靴を履いていると、足にかかる重みのバランスが悪くなります。その結果、足の指に力が入りづらくなってしまうわけです。
また、足をしっかりと持ち上げず、ひきずるようにして歩いている場合も、筋肉が衰えやすくなります。
したがって、足の形に合う靴を選んだり、筋肉を衰えさせないような歩き方をすることで、外反母趾の進行を防ぐことが可能になります。
既に症状がある程度進行している場合には、テーピングによる治療がおこなわれます。
足の指の付け根の骨が広がっていくことで出っ張りが生じるようになるので、広がった骨を縮める要領でテーピングをするわけです。テーピングをした状態で生活を続けながら、徐々にテープの巻き方をきつくしていきます。それにより、足の付け根が矯正されて、歩行をスムーズにおこないやすくなるのです。
もちろん矯正後も、歩き方を改善していく必要があります。出っ張りをなくしながら、出っ張りを生じさせない状態にしていくことが大事なのです。

スポンサーリンク