外反母趾 日帰り手術

外反母趾の日帰り手術について

スポンサーリンク

外反母趾とは親指の部分が曲がっていって、それが原因で痛くなったり歩きづらくなる病気です。
この症状になると見た目が悪くなったり、生活がしづらくなるなどの問題が発生します。
ではどのような治療法があるのかというと、よく行われるのは矯正をして治すものです。
この病気は少しずつ進行していくものなので、対処をすれば治すことは可能です。
例えば病気の進行を遅らせるようなことをしたり、曲がっている親指を元に戻すマッサージなどをすれば治すことができます。
ただこのような方法は時間がかかることが多い欠点が存在し、更に症状が重い時は効果が薄い時もあります。そのため場合によっては手術をして治すこともあり、手術を受ければ短時間で治すことができます。
外反母趾の手術は一般的には数日の入院が必要で、かなり長い時間病院にいなければいけません。
しかし最近は日帰り手術も利用できるようになっており、うまく利用できれば高い効果を得られます。

スポンサーリンク

外反母趾の日帰り手術は症状が軽い時に利用することが可能で、この手術ならば入院せずに帰ることが可能です。日帰りで手術を受けられるのは軽度の場合のみで、症状が重い時は利用できません。
軽度の場合は足の指の一部を手術するだけでよく、麻酔も脚の部分だけにすればいいので負担が軽いです。
この時に行われる手術は1〜2時間ほどで終わることが多いですが、麻酔などの処置があるのでい実際はもっと長くなります。
そのため具体的にどの程度の時間がかかるのかは、医師とよく相談をして確認をした方がいいです。
外反母趾の日帰り手術は手術そのものはすぐに終わりますが、それで簡単に治るわけではありません。
この手術を受けたあとは足の形を調整する必要があり、その時間を含めると数ヶ月は経過をみる必要があります。そのため日帰りで利用できるからすぐに治せるというわけではなく、手術の負担が軽いものだと考えたほうがいいです。
ただ日帰りの手術は利用する時の負担が軽いので、負担が気になる方でも利用がしやすいです。

スポンサーリンク